タグ : JR四国

貴社に汽車

BRC130321aa

首都圏のJR線では、いつでもどこかの路線に新車が投入されています。首都圏を走る電車はゆうに7000両を超えるので、20年に一度更新するとしても、年間350両は新造しないといけません。1日あたりおよそ1両の新車が作られていることになります。なので、新車はそう珍しいものでもないですが、四国だと新車は1年あたり多くても数十両、昨年度は2両という少なさです。

逆に少ない方が、思い入れができるというか、走ってたらすぐわかるとか、そういった趣味的メリットがあるとも言えるかも知れません。写真は1500形ディーゼルカー、車番1566,1567です。仕事で外出した際に見かけたので、撮影してきました。

1500形の製造は、これまで新潟トランシスで行われてきましたが、今回の新造は近畿車両で行われました。近畿車両でディーゼルカーが作られるのは何十年ぶりかといったところだそうです。そのせいというわけでもないですが、前面形状と全体の塗色が変更されています。ターキーな感じのブルーとグリーンの組み合わせは、割としゃれた感じがします。一方、塗り分けはもう一考できるかなとも思います。

 

BRC130321bb