気象通報 その2

天気図帳

そういった訳で、船舶の報告です。船舶から経度緯度、風向風力天気気圧が報告されます。これをどのような船舶がどのように報告しているのかが、ちょっと気になります。常に5隻から8隻程度の船から報告されますが、多分、遠洋漁業の漁船あたりか、自衛隊の護衛艦かと推測します。しかし護衛艦は、その位置が知られるのもあまり良くないので、やはり漁船でしょうか。船舶の報告では、往々にして風向風力天気不明、気圧だけわかるみたいな報告があります。よほど大しけでもない限りわかるような気がしますが、何故わからないのでしょうか。それとも、たまにある入電無しという通信トラブルの一種なのか。しかし、人対人で通信失敗というのもあまり納得出来ません。気合いで報告していただきたいものです。

次に、漁業気象です。台風や高気圧・低気圧の位置や勢力、気象前線の位置、霧が出ている範囲、基準等圧線などのお知らせです。項目が多い時は相当早口で読み上げられますので、記録が最も難しいです。特に、前線や等圧線など線の書き方をラジオで伝えるのは、多少無理があると思います。途中通る経度緯度を何点か読み上げて行きますが、点を聞きながら、線を描くのは慣れとセンスが必要そうです。点間の距離は毎回違うし、点間がどのように曲がるのかも当然違います。等圧線などは細かく引こうとしても、情報量がちと足りません。当然のことながら、ラジオとテレビの情報量は圧倒的に違うなぁと思わされます。気象通報は天気図を描くための放送ですが、20分かけて、テレビなら一瞬で送れる情報を伝えているわけです。

かくも渋い情報を伝える気象通報ですが、来春から音声合成による自動放送になるそうです。昔ながらの渋い番組が、最新の技術で放送されるというのが、なかなかシュールです。それにしても、誰の声がベースになるのか、いやそれよりも、アナウンサー個人による聞き取りやすく、天気図を描きやすく聞かせる工夫を、上手に反映してほしいなぁと思うわけです。

アナウンサーによって、全く聞き取りやすさが違います。気温では「30℃」の℃がdぐらいしか聞こえなかったり、℃に近づくにつれて音量が小さくなる人がいます。一方、「1」とか「6」の発音を「い・ち」「ろ・く」とはっきり分けて発音してくれる人もいます。あと、ちゃんと天気図を描いていることを踏まえて、読んでくれているなぁと思うのが、高い風速の後や、天気が雨だった時の後を、少し開けて読んでくれる場合など、いや場合というか人です。

しかし、プロといえども、情報量が多い日などは、番組の残り時間が少なくなるにつれて、読み上げスピードがものすごい勢いで加速していく場合もあります。しかし、途中で切れたりすることはありません。でも、こちらが聞き取れなければ意味が無いのですが…。こういったあたり、情報量が多くても、しっかり時間内で伝えられるようになるんでしょうね。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing