アートフェスを見に行く2

そういったわけで見に行ったLEDアートフェスティティバルですが、印象的だったものを何点かご紹介いたしたいと思います。

閃光

まず、公園に丸いものが碁盤の目の上状にたくさん並んでいるこれ。人が近づくと、様々なセンサーが反応して光り始め、閃光のように走ります。人の動きと光の動きの因果関係がなかなか一目ではわかりません。光らせ方、明滅の仕方など工夫しがいがありそうな気がしました。

 

続く

小さな木の葉状のものが植えられた道が、螺旋状に続いていき、その所々をLEDが照らしています。コンクリート打ちっぱなしの部屋と合いまったモノトーンの感じが素敵です。ちなみにこの建物、公式には記載されていませんが、A藤T雄の設計だそうです。

 

ひよこ

ものづくり野郎的な立場で見て気に入ったのが、このLEDひよこさんたちです。LEDの明滅をどのように回路で実現するか、あるいはプログラムで実現するか、いろいろやり方はありますが、僕は回路的に実現した方がより自然だと思っています。ホワイトノイズを拾って、それを増幅するとか、自然の揺らぎを取り入れるのがいいと思っています。

このひよこさんたちは、おそらく1匹1匹自然の明滅をしています。それを多数合わせるところが、なかなか僕には思いつきませんでした。バラバラのようでいて、どこか規則性があるようなないような。その光り方はまるで本物のひよこを見ているようであり、たき火を見ているようでもあり、不思議かつきれいで面白い作品でした。

 

石ころ

最後にこちら。わかりにくいですが、石ころが光っています。石ころを模したケースに、振動センサーとLED、それにバッテリーとソーラーパネルを仕込んでいます。このソーラーパネルが非常にナイスアイデアで、驚きました。石ころ状のケースはレジン製で乳白色の半透明。一見光をあまり通しそうにないのですが、これで発電出来るようです。外部給電を不要にしたことで、石に継ぎ目が無く、どう見てもただの石ころにしか見えません。

印象的だったのは、次々に子供がやってきて、喜々として遊んでいたこと。振動に反応して一瞬光るのですが、自分の行動に対応して石が光ること、そして石が光ることの意外性が、子供の心を捉えて離さないような感じでした。

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing